読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康オタクはむ子のやさしい暮らし

健康、ごはん、育児、日々の暮らしのこと 。

マイホーム購入 中古住宅にした理由

先日、マイホームを購入しました。

住んでいたアパートの近くに築浅の中古物件がでたので急に購入することになりました。

主人は新築意外絶対に嫌で立地よりも建物のお金をかけたい派で、私はできれば中古で良いので立地の良いところに家を購入したいと思っていました。

私が土地にこだわった理由が、主人が転勤がある仕事で単身赴任の予定ではあるのですが、もし転勤でついていくことになったときに、貸しにだせたり最悪売りにだせるような物件を購入したいと思っていました。

主人が今回中古物件で納得した理由がかなりの築浅でローコスト住宅ではなかったので主人のほうから購入したいと言ってきました。

私の住んでいるところが、地方なので一軒家で徒歩ですぐ駅ではないですが、ギリギリ徒歩でいける場所でバス停が近くにあり交通の便が良く、駐車場が2台とれるのでなにかあったときに賃貸でだせそうで、売りにも出せそうだったのでわりとすぐ決めました。

私の実家が田舎で土地を処分したいからと売りにだしている人も多いのですが、なにせ田舎なもので売れるわけもなくずっと売りにだしている状態です。

今、ミニマリストという方たちが増えて物をもたない生活というものを知り、そこまで極めることはできないのですが、何か買い物をする時には処分しやすいか、売れるかなどと考えてから買うようになりました。

昔は土地や家は資産と言われていましたが、維持費もかかるし今は負債だと思っています。

なので、家を購入するときに私達夫婦が亡くなった後にも子供が相続しても困らないように売れるだろうと思われる場所にしました。

次は、中古住宅購入でかかった本体以外の細かいお金のことについてなど書きたいとおもいます。